column 2 of Mother Moon & Earth


光輝く地球へ・・・もっと自分を愛し、喜びとともに楽しく生きる

自由

自由について、と思い浮かべた時に、すぐに思い浮かんだのが、「自由を奪われていたとき」のことでした。
以前、ヒプノセラピー受けた時に、蘇ってきたことなのですが、
(それが本当かは確かめようがありませんが)その時の私は、ある人のために叶えたい願いがあり、でも、それは困難で、闇の存在に魂を売り渡すような形でその願いを叶えようとしたことがあったようです。私は、どうしてもある人のためにその人の願いを叶えたかった。多分、その人を愛していたのだと思います。でも、自分では、その願いを叶えることは、その時の自分では不可能でした。(そう思い込んでいたともいえるかもしれません)
結局、そうまでして、願った、その願いは果たされず、そして、私は、体の半分以上も失い、どこともわからない闇の沼地で長い、長い時を過ごしました。
その悲しみ、そうまでして叶わなかったことへの絶望、半分の体で沼につかって身動きもとれず・・・
どこまでも孤独でした。
千年の孤独。もっと、かもしれません。私は、転生することもできずにその幽界のような場所にずっといたのです。

けれども、今回、「自由」について思うとき、その「自分が自由を奪われた」と感じていたことが
実は、違っていたのではないかと思い至りました。
確かに魂を売るような、自分を売り渡すようなことをしたわけですから、そこからなかなか出られなかったのかもしれないのだけれど、果たしてそうなのか?
本当は、私は、自分の好きでそこにいたのではないか?

私は、悲しんでいたかった。
私は絶望していたかった。
私は、そこで、自分を罰していたかった。

いつでもそこから自由になれたのかもしれないのに、それをただ望まなかっただけなのでは・・・と
私が長い、長い間、そこで、悲しんだり、絶望したり、罪悪感を感じたりして、動けなかったのは、そうすることを許されていたから、私が本当は自由だったから。
私が選ぶどんなことも体験する自由があったからだと思いました。

今も、時々
「もうここから1っ歩も動けない、何も変わらない。このままどこへも行けないのではないか」
という恐怖にとらわれることがあります。
でも、同時に
「いいや違う、私は、自由なんだ、どこへも行けるし、なんでもできる」ということを言い聞かせるように思いだします。

いつだって、私たちは、自由だと思うのです。
不自由さえも自由ゆえに体験できる・・・。
自由がゆえに、今、この状況を生きているのだと思います。

だから、「私は自由なんだ、どこへも行ける。何でもできる♪」って
何度でも自分に言うし、みんなにも言いたいなと思います。

2011umi-001.jpg

真っ白な大地のうえ
空は青く ぽっかりと晴れ
わたしの前に 道はなく どこまでも見渡せる
わたしの後ろにも すでに道はなく
どこから来たのか? どこへ行こうか?

ああ 森へ行きたい と思ったら
緑豊かな 森があらわれ
ああ 海が見たい と思ったら
地平の向こうに 紺碧の海が見える

わたしが歩きはじめると 
道があらわれ
誰かに会いたいと思うと
「こんにちは」と 笑顔の人が声をかける

休みたくなったら休み
また 歩きたくなったら歩き始める

わたしをとめるものは何もなく
わたしの望むものはすべて与えられ

この世界はわたしの思うとおりにできていく

Fotolia_66286664_S.gif

完全遠隔メニュー

癒し

封印解除

過去生ワーク

豊穣の女神&美

覚醒

本質&ナチュラル

本質を開き続けるシステム構築ワーク

水のワーク/神聖な体へのサポート

プロテクション

神気清風のワーク

ゴールデンローズプロテクション

レインボーソウルグループ~虹色の空の護り~


シャーマンワーク

魂の願いを生きる

ヒーラー・ライトワーカーサポート

スーパービジョン

伝授サポート

ライトワークサポート

こどもサポート

子どもサポート

インナーチャイルドワーク

サポートセッション

伝授

講習・ワークショップ

ご感想

一斉ワーク







La Tieera

人魚シリーズ

地球の贈り物☆

エッセンスペンダント

大地と星の祝福ブレス(準備中)

守護天使の祝福ブレス(準備中)

Galarry